いとう祐一郎 オフィシャルホームページ

新型コロナウィルス感染症の拡大防止及び事後の立て直しには、国と連携して先手を打ち、
迅速かつ的確な対応を打たなければなりません。
今こそ、我が国の政治・経済の仕組みを熟知し、危機管理のプロとして長年説得力ある
行政を行ってきた人間が必要です。
私はこれまでも県民のみなさまと一致団結し、鹿児島の数々の危機を乗り越えてきました。
未曽有のウィルス禍においても、県内の被害を最小限にとどめ、鹿児島が飛躍するための土台を
築くことを使命とし、私の持ちうる経験の全てを捧げる所存です。

以下は、これまでの鹿児島県の危機と、私の行政実績です。

(具体例)
 1.危機的財政を立て直し(451億円の財源不足を解消)
 2.危機管理監・危機管理局を創設し、危機管理体制を抜本的に強化
 3.北薩豪雨、奄美豪雨などの異常気象災害に迅速に対応、人命を守り、早期復旧を実現
   (1,000億円以上の税源を投入)
 4.口蹄疫、鳥インフルエンザ等の防疫体制を整備、侵入阻止を実現、県境封鎖による
   徹底的な消毒体制を整備
 5.国際航空路線の撤退を食い止め、強固な信頼関係を構築
   搭乗率低下(30%台)による路線廃止の危機的状況に立ち向かい、厳しい世論の批判の中でも
   積極的に解消
 6.20億円以上の壊滅的な被害を出した”赤潮被害”に対し、養殖漁業者を徹底的に支援
 7.本県の地理的特性に対応する為、ドクターヘリを導入し、離島を含めた救急救命システムを整備

このコーナーについて、ご意見・ご質問等ございましたら、このHP「後援会より」からのメール窓口から
お寄せください。