いとう祐一郎 オフィシャルホームページ

5月21日 有志の方々が「いとう祐一郎さんと語る会」を開いて下さいました。
頂いた質問の中から幾つかシェアさせて頂きたいと思います。

●国や県のコロナ財政支援策は後手後手だと感じるが、いとうさんはどのように見ているか?
私の返答
確かに対策が後手後手になっている感が否めません。今回コロナへの対応で、各リーダーの行政能力が炙り出されたのではないかと考えます。大阪モデルや小池さんのやり方が一定の評価を得た一方、強い批判を受けた知事もいました。やはり地方自治の幅広い知識がないと、危機的状況を乗り越える事が出来ないのです。
私は今回に限っては、金銭に糸目をつけずやるしかないと考えます。県の財政を守り、県民の暮らしを二の次にするのは本末転倒。まずはしっかり財源を確保して、とことんスピード感をもって県民の暮らしを守る事が大切だと思います。

●いとうさんはコロナでパラダイムシフトが起こると発言しているが、具体的にはどんな変化が起こるのか?
私の返答
例えば、コロナを機にテレワークのウェイトが高まると思います。それにより、東京一局集中が緩和できるのではないか。地方にいても、仕事ができるのですから。もしそれにより一局集中が緩和されれば、首都圏で大地震がおこっても国のGDPの3割が一気に失われるような事態が避けられる。オンライン化が進めば、勤務や生活、教育のスタイルも大きく変わると思います。

●青少年のスポーツ振興策をもっと充実させてほしい 鹿児島や各地からTOPアスリートを呼んで地元の子供達に元気を与えてほしい
私の返答
スポーツは子供達を大きく育てます。今はコロナ感染拡大防止のため、TOPアスリートも練習がままならない異常事態です。
コロナ収束の折には私が知事時代に大隅に設立した国内最高レベルの競技施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」も大いに活用されるはずです。鹿屋体育大学とも連携をとっている施設であり、十種競技の練習にも対応している稀有な存在です。日本中からTOPアスリートが集まるこの施設もうまく活用して、もっと鹿児島の青少年のスポーツ振興を図っていきたいですね。

●休校に伴う子供達の学力低下問題をどう考えるか?
私の返答
コロナによる休校のため、子供達の学習が横並びで遅れてしまいました。教育行政は、あらゆる手段を講じて対応していくべきだが、(学力はいずれ取り戻せるが)学力低下より心配なのは、生活リズムが崩れたことにより体力や意欲が落ちてしまうことです。子供1人1人を見ながら、細やかに対応していく必要を感じています。


●未だ鹿児島では音楽・美術品といった芸術との触れ合いが生活に根付いていないという文化面の遅れがあるのではないか?
私の返答
仰る通りです。音楽や絵画など芸術を鑑賞することが、生活の一部になっていないのが現状です。日常生活に芸術が浸透していくよう、行政はもっと啓蒙に力を入れる必要があると感じます。また県民の皆様も、家族で美術館に足を運ぶような機会を今より作って頂けたらと思っています。

●女性の地位向上問題をどのように考えているか?
私の返答
例えば、フィリピンでは海外で学んだ女性が帰国すると、一気に(省庁の)局長クラスに就任します。しかしながら、日本はコツコツと地位を積み上げていく社会であり、システム上 そういうケースはあり得ない。そういう仕組や、家事や育児の負担を女性に多く求める価値観も、仕事をもつ女性の地位向上の足かせとなっています。私は鹿児島を愛し、よく知る女性がどんどん地元で登用されていくことを望みます。改善されるべき事の1つだと思っています。



以上、やり取りの一部をご紹介させて頂きましたが、多くのご意見から最近 鹿児島が「やっせん」という切実な想いが伝わってきました。地方自治のプロとしての知識や行政経験、また私見も交えてお一人おひとりにお答えしつつ 「もう一度 鹿児島を元気にしたい」という思いをかみしめた次第です。これからもできるだけ生のお声を拝聴して、今後の指針としていきたいと思います。

お忙しい中、お集まりくださった皆様に、心から感謝しております。ありがとうございました。



子育て世代から70代までの男女13名が集まって下さり、それぞれ質問を投げかけて下さいました。
vol.1で取り上げた質問は、以下の2つです。

Q1「東京一局集中から地方分散の時代へ

いとうさんはどう考えますか?」

東京一局集中の現在、首都圏に大地震がきたら。。。日本はどれほどのダメージを受けるでしょう。そしてアフターコロナの世界をどう読み、対処していくのか。私なりの見解を述べました。

Q2「鹿児島の財政は大丈夫ですか?」

8千数百億円の県予算のうち、税収分は1500億円に過ぎません。常に財源的にひっ迫している鹿児島の現状と課題、これからの運営の仕方等について語りましたので、お聞きいただければと思います。



5月18日 爽やかな晴天のもと鹿屋にて「いとう祐一郎後援会」事務所開きを執り行いました。
コロナ感染防止のため検温やマスク着用をお願いし、少人数での開所式ではありましたが、温かい激励の声を頂戴して 決意も新たに更なる一歩を踏み出すことができました。
私からも、出馬への思いや大隅での思い出などを交えながらご挨拶をさせて頂きました。

笑顔とご声援に包まれたこのひと時を糧に、前へ前へと足を進めてまいります。
これからも、力強い応援を賜りますよう、よろしくお願いします!

鹿屋連絡事務所

〒893-0016
鹿屋市白崎町5-5

事務所一覧はこちらから




【いとう祐一郎 × 平成生まれ20代!】後半の動画を公開しました


ぜひご覧ください

Part3: いとうさんのプライベート・スピーチの悩み



いとうさんから若者へ


若者からいとうさんへ
Q1:「好きな食べ物はありますか?」
Q2:「普段スポーツなど趣味はありますか?」
Q3:「お酒は好きですか?」
Q4:「エンタメ要素が鹿児島は少ないと思いますか?」
Q5:「ラーメン選手権で連続○杯食べた!?」
Q5:「リフレッシュ方法は?」
Q6:「緊張しない秘訣がありますか!?」
Q7:「スピーチのこつはありますか!?」

若者からあれこれ質問をもらい、いとうさんはどこか嬉しそうな表情です。
意外な素顔やラーメン哲学も飛び出します。かつてトップセールスマンとして鹿児島を国内外に広くPRしたいとうさんらしく、どの答えにも郷土愛がにじんでいますね!

Part4:国際情勢と今後の展望は?YouTube使ってますか?




若者からいとうさんへ


Q1:「(昔と比べて)大きく教育の仕方が変わっているんでしょうか?」
Q2:「どの家庭でも子どもがスマホで動画見たり一人の時間が増えて家族の時間が
減ってきている?」
Q3:「YouTubeで発信をされているが、使ってみてどんな感覚ですか?」

Q2の答えは家庭の事からはじまり、世界情勢を見据えての話題まで盛りだくさん。
いとうさんの返答は、ワールドワイドなものでした。
Q3ではYouTubeを「発信」のみならず、趣味のツールとしても使っている素顔が
垣間見えました。
最後に若者達へ贈られた人生の先輩としてのエールも、どうぞお聞きください


【いとう祐一郎 × 平成生まれ20代!】と題し、対談会を開催しました!


今回 伊藤さんと対談して下さったお2人をご紹介します。


若手活動家代表は、神野剛志さん(会社員として働く傍ら鹿児島県「美濃の会」直前会長としても尽力されています。昨年までは鹿児島県青少年団体連絡協議会会長も務められ、多くの団体が加盟する同会では、水泳の審判としても活躍されています )


若手実業家代表は、宮久保未来さん( 鹿児島に特化した新卒求人サイトを運営される一方、動画制作やSNSマーケティング、就活相談なども手がけてマルチに活躍されています)

“若者と語らう”のが大好きな伊藤さん。


頬を緩めて耳を傾けたり、真剣な表情で質問に答えたり。また時にはプライベートな一面に切り込む質問に冗談で応戦したり…。笑い声にも包まれた 実るある時間でした。


テーマ毎にダイジェスト版を用意しましたので、どうぞご覧ください。
全4回配信予定です。是非チャンネル登録をお願いします!


いとう祐一郎チャンネル

いとう祐一郎チャンネル

Part1: いとうさんが知りたい若者のこと



いとうさんから若者へ

Q1:「剛志さんは若者達と色々な活動をされているが、(その際 )声がけをすれば若者はすぐ集まって頂けるのですか?」
Q2:「宮久保さんはIT関係を含めて時代の最先端に携わっていらっしゃいますが、世の中のトレンドや流れであったり、何に「いいね」をするのかであったり… どうゆう状況で若者が生活しているのか、感じているところがあれば教えて頂けますか?

若者から いとうさんへ

Q1:いとうさんから見た若い人の印象は?
Q2 :いとうさんは若い頃 どんな時代を過ごしましたか?

楽しいやり取りを是非お聞きください!若かりし いとうさんの武勇伝?にも注目です!


Part2: 新型コロナ対策と県政の評価



若者からいとうさんへ

Q1:「コロナが猛威を振るっている中、私達若者は就職活動が困難という状況です。また働いている人も休業、失業の恐れがあるという状況で、いとうさんとしては鹿児島の経済を維持していくために どのような対策を打つべきだと思いますか?」
Q2:「今の鹿児島の現状をどのように考えていますか?」
Q3:「県総合体育館構想についてお聞かせください」

中でも特筆すべきは、Q1 のやり取りです。
キーワードは「パラダイムシフト」
県知事経験者であり、その実績は折り紙付きのいとうさん。
甘言や大言などせず、鹿児島の現状を見据えての確かな提言で若者に応じます。
どうぞご覧ください。