いとう祐一郎 オフィシャルホームページ

5/29後援会女性部の皆様が中心となって「いとうさんと語る会」を開いて下さいました。

今回は21名の皆様が集まられ、まずはそれぞれが自己紹介を。経営者や奉仕活動をしている方もいらっしゃれば、昨年まで海外暮らしをいた方もいらっしゃり、ここでも興味深いお話を拝聴いたしました。
その後私からも、出馬理由からアメリカやドイツ、日本等国内外のコロナ対応まで織り交ぜて
ご挨拶させて頂き、その後 質問タイムへと移行。今回も幾つかのやり取りをご紹介させて頂きます。

●県政で女性をいかす取組を考えていますか?女性が活躍できる場を作るおつもりはありますか?

私の返答
私は知事時代、県内在住の女性を委員に「かごっまおごじょ委員会」という会を設けました。それは女性の意見を最大限お聞きしたいという思いを形にしたものでした。また男女共同参画社会を作ることも、常々目指しておりました。県庁では女性の活躍がめざましいものがありましたが、日本特有のキャリアメイクの問題はいまだ存在していることも感じています。男性が役職において優遇される風潮があるのであれば改善するべきですし、能力のある女性をどんどん登用するべきだと思っています。また女性が活躍できる場が一時的なものにならないよう、しっかり体制を整えて位置づけをしていくことも大切だと感じています。

●(発言者)自身は仕事や携わっている色々なプロジェクトが、多分にコロナの影響を受けています。それは我が子や孫達も同じ。コロナが与えるダメージを肌身に感じています。

私の返答
このような時こそ社会を構成する一つ一つのパーツに、政治がきちんと対応しないといけないですね。最近つくづく思うのは、鹿児島はもっと「しっかりせんといかん」ということです。自ら考えて、自ら動ける人を増やしていかないといけない。右を見たり左を見たりして、自分の意見を言わない人が多いような気がします。最近は、女性の方がはきはきと意見を口にする方が増えているのでは?女性は男性に「あんた方やっせんよ」と言って、お尻を叩いて下さい。

●給付金10万円の使い方の是非について色々な意見がありますが、いとうさんはどのように使うのがよいと思いますか。私個人としては寄付文化が根付いてほしいと思っています。県を知り、国を知る いとうさんに是非伺いたいです。

私の返答
鹿児島に入る給付金は総額で1650億円ほどになります。全額を配らず、半分は県の必要な箇所に届けていかすやり方も一つかと思います。
しかし今回の10万円に関しては、十人十色で色々な使い方があっていいのではないでしょうか。先日お話しした若い女性は、ブティックで好きな服を買うんだと目を輝かせていらっしゃいました。ご自分に必要なこと、楽しめること、支援したい活動への寄付、などそれぞれのお考えでお使いになれば、市場が潤いますのでよいかと思います。

●かつて おいどん市場で買い物をしていたら、偶然いとうさんにお会いしたことがあるんですよ。気さくに「どの肉がよかどかい?」と話しかけられて、大変親近感を感じました。奥様と両輪となって頑張っていらっしゃる姿など、もっと素顔を発信してほしいと願っています。またコロナの影響が深刻になるにつれ、犯罪の増加など治安の悪化が心配されます。特に行き場のない子どもや女性が増えるのではないかと危惧しています。韓国ではそのような女性のための取組みが進んでいるようです。今健康な女性でも、病気一つで挫折してしまうような心許ない社会制度なのではないでしょうか。

私の返答
そうでしたか。実は時々料理をするので買い物にも出かけるのですが、変動の大きい野菜の価格を見たり、色々な食材の値段を調べたりと買い物は市場調査の機会ともなっていたのです。自分で育てたタマネギを収穫して喜んでいたら、お店で随分タマネギが安く売られていてがっかりした事も
あります(笑)
そしてコロナにより世情が悪化するという危惧は当然のものです。コロナ禍のために社会制度の根幹から見直すべき事態が訪れていると思います。支援制度を充実させ、困っている女性に再度活躍してもらうようなシステムが必要です。韓国と日本の行政では、法の強制力が違うのでそのまま参考にできない面もあるかと思いますが、リカレント教育をもっと充実させる取組みは大変良いものだと感じています。行政も民間も問題意識をもって、マンパワーをいかしていけるよう手を合わせていかなければなりません。短兵急ではなく、じっくりと社会の意識改革をすることも大切です。

●以前(発言者が)暮らしていたドイツのメルケル首相は、コロナ対応に関して素晴らしい舵取りをされたと思います。医療従事者の命を守るための取組みにも率先して尽力していました。また芸術家を守るという取組みにおいても、良い働きをされたと思います。
こちらで暮らすようになって、鹿児島にはとてもレベルの高い音楽ホールがあることに気づきました。けれども、残念なのはどんなに素晴らしい演奏会があっても、観客の数が少ないことです。


私の返答
コロナ対策の是非によって、各国、各地のリーダーの手腕があぶり出されたと思います。確かにメルケルさんは一貫して強いリーダーシップを発揮されました。評価されるべきだと思います。
一方、日本人の国民性も同時につまびらかになりましたね。「外出を控えて」とお達しがあれば、ほとんどの日本人が家で過ごし、三密を避けるよう努力されました。日本は凄いなと思った方も多いのではないでしょうか。やはり個々人の努力が、しっかりと数字に表れていました。

またご指摘の通り、コンサート会場が埋まらないという事態は少なくありません。先ほど他の方に申し上げた通り、自分の意見をもち、自分を表現できる人材を育てるために芸術の果たす役割は大きいものです。その点においても、芸術の振興に県はもっと力を入れていくべきだと考えています。

●後援会の支援者の方より会場の皆様へメッセージ
自分に緊急の大手術が必要となった時、次の医師のうち誰を選びますか?
1人目は、医学書を読み込んで沢山勉強をしてきた人。
2人目は、簡単な手術しかしたことがない人。
3人目は、一見無愛想だが、数千人の手術をこなした経験があり、腕に定評のある人。
誰しもが好き嫌いなど言っておられず、3人目の医師に手術を任せるのではないでしょうか。
今鹿児島は危機的状況であり、これからの4年が最も大切です。県政に携わる多くの方々から「いとうさんに帰ってきてほしい」という声が聞かれるのは、「リーダーたる者」と再認識された証なのだと感じます。いとうさんは芸術文化の守り手でもありましたし、情熱的で引き出しの多い方でもあり、リーダーの条件を備えています。いとうさんの能力を利用して、しっかり働いて頂く以外 鹿児島に道はありません。


●最後に私より
皆様から頂いたご質問やご提言は、参考になるものばかりでした。私も日々「このままでは鹿児島がやっせん」という思いを募らせておりますので、こういう集まりやネットを通じて、できるだけ多くの方と触れ合い、ご意見を賜りたいと思っています。様々な発信をしていく予定ですので、ご声援をお願いいたします。